2010年09月24日

今日は午後から映画を見ました。

今日は作業中断で、丁度映画館のポイントが貯まって無料券が発給されたので、封切りされたばかりの作品は対象外だったので、リストを見て今週がラストウィークだった、「ベスト・キッド(The Karate Kid.)


主演は名優ウィル・スミス(今回の作品の製作)で、彼の息子のジェイデン・スミスが主人公ドレを、カンフーを教える師匠のハンをジャッキー・チェンが演じる。
オリジナル版の「いじめられっ子が風変わりな師匠から武術を教わる」という部分は前作同様に踏襲されていました。

父親が他界し、母親の仕事の関係でその母と共にデトロイトから北京へと移り住んだ12歳のアメリカ人少年、ドレ。彼は拳法道場のエリートで学校のいじめっ子のチョンの反感を買っていじめの標的となってしまった彼は、集団で暴行を受けている時に引っ越し先のアパートの管理人でカンフーの達人でもあるハンに助けられ、弟子となって武術を身につけ少年カンフートーナメントで対決する。と言う内容です。

タイトルの原題はThe Karate Kid.だが内容はカンフーを教える。

主演ドレがカンフーを教わるシーンが、ジャッキーチェンが若い頃「ロー・ウェイ」監督の映画に主演した頃、師匠からカンフーを教わるシーンとダブったのは私だけだろうか。

どん底の状態から少年カンフーのトップになる。と言うストーリーが単純なんですが今の社会状況にも置き換えることが出来るような気がした。
逃げないでチャレンジし這い上がる気持ちは大事ですね。

そしてジャッキーチェンがインタビューで言っている。「相手をリスペクト」これが一番難しい。

これを見て、過去の作品をもう一度見てみようと思いました。

久しぶりに涙ぐんだかな・・・。(感動で)









posted by muenzaka at 19:38 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。