2010年10月10日

大阪司法の体たらく。〜先週を振り返って〜



またもや大阪公安での事件。

これは大阪だけの問題でなく、日本の司法・公安の在り方自体の問題か?

よく容疑・被疑者の「自供」に依る立件を採る制度の破綻と日本の捜査システムを改変する必要があるのかもしれません。

先ずは取り調べの時は、可視化と弁護士の立会いは必要かもしれません。
posted by muenzaka at 10:37 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。