2010年10月24日

羽田空港再国際化〜先週を振り返って〜



羽田・成田棲み分けが始まって32年ようやく日本のハブ(hub)空港の「足がかり」となる羽田の国際化・24時間運用が始まりました。

しかしキャパシティは成田の2分の1にも満たなく、韓国の仁川や中国の北京・上海・香港にも勝てません。

ただ24時間飛ばせない成田空港とは違い全時間運用できるところは貨物も含めて大変便利です。

しかし東京は神奈川の厚木と東京福生の横田空域の返還がないとまともに飛ばせない。

先ずはアジアからの交流を優先してアジア便の発着が潤滑に行われるように厚木空域を返還して貰うべきと思います。

とにかく北京まで新幹線で大阪に行くのと同じ2時間半で行ける所を厚木空域返還で20分前後は縮められるはず。

都心や横浜など至近の国際空港が出来たことは全日空のCMにもあるように勤務を終えて翌朝に海外で会議も可能なんですね。

私もそのうち朝飛行機に乗って翌朝外国のどこかで遊んでまた夜飛行機に乗って2泊3日くらいで帰れる時が来るかな?






posted by muenzaka at 22:19 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

民主党代表選が終わって。〜先週を振り返って〜



豪腕とお金に関してグレーな人への国民(民主党員・サポーター)の審判は「ノー」の審判を下しました。

彼が幹事長時代地方の陳情を幹事長一本にして権限を集中化し、異を唱える選挙区などには交付金を減額するなど圧力をかけすぎました。

彼が幹事長として彼の下で当選をした新人議員などに「党員よりもサポーターを集める」事を指示しました。

この時点で彼の息のかかった者を代表=総理にして、キングメーカーになろうという目論見が裏目に出てしまった形でした。

国会議員票ではきっ抗しましたが、地方議員は2割、党員・サポーター票では5倍もの差を開けられました。

結局は小沢氏支持の議員が説得しても国民の意識では、お金に汚い、叩けば大きな埃が出る・・。等の検察審査会の問題も含めて国民の意見としてはそれでまた辞任となるよりは・・・。と言う、消極的菅氏支持なのでしょう。

内閣も閣僚が決定し、一段落ですが何よりも経済問題を優先させて欲しい国民の総意をどれだけ期待に応えられるかが内閣の寿命を決めるような気がします。

小沢氏支持の議員の内閣登用が殆ど無く挙党態勢でないことが微妙ですが、小沢系の議員も自分の支持者が選んだ選んだ人にあまりにも反旗を翻すわけにもいかないので、当面は様子見と言う所でしょうか?

とにかく尖閣諸島問題も起きましたし、外交の問題が噴出しました。

舵取りにとにかく期待したいと思います。






posted by muenzaka at 19:56 | 神奈川 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

ぐだぐだの社民党。〜先週を振り返って。〜



去年の総選挙、先日の参議院選と議席を減らしもはや「単なるミニ政党」。

先月末顔とも言える辻本清美衆院議員も離党し(届け受理は先週19日)、一番の働き頭とも言える議員に愛想尽かされてもはやもう共産党と名乗るのが嫌で社会党→社会民主党(社民党)と言っているに過ぎない政党でしかないです。

もう解党して、それぞれが本当の気持ちに忠実なところに行くべきでしょう。

福島氏は無所属でしょう。後の人は内心民主党や本当に左派的な人は共産党との会派か・・・。

とにかくもう、存在意義のない政党なので解党すべし・・。






posted by muenzaka at 12:23 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

金 賢姫元死刑囚(元工作員)来日について。〜先週を振り返って〜



先週20日に大韓航空機爆破事件実行犯の金賢姫(キム・ヒョンヒ)元死刑囚が20日未明、韓国からチャーター機で来日しました。

色々言われていますが、膠着状態の拉致問題が進展はしませんでしたが動くきっかけになったと思いました。

VIP待遇など、文句は言われましたが当然他のテロリストに狙われる危険があるし、韓国政府の管理下にある人に何かがあっルと不味いし、警備等の問題は仕方がないと考えます。

小泉政権以後安倍・福田・麻生・鳩山と動かなかったのである意味またきっかけになったと思います。

日本は世界から見ても政治は特殊なお土地柄。

だから、色々何をやっても悪く言われる日本の政治家。

長い間自民党の間違い政治の後始末の時期。

北朝鮮問題も中国との関係等の問題で手をつけられなかった。

旧社会党時代にあまりにも間違った友好を推し進めた為に突っ込めなかった。
だから現社民党も何も出来ない。マニフェストで「粘り強い交渉」と言っているが、単なる弱腰。

民主党も旧社会党の人間がいて動きにくい。

これでは何年経っても解決せんわな。







posted by muenzaka at 14:29 | 神奈川 ☀ | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

口蹄疫の対処 〜先週を振り返って。〜



今回はいくら何でも国策上農水省の対応が正解と考えます。

東国原知事は県民の感情を考えていた上の行動としても、あまり印象がよくない。

防疫政策上いくら発症していなくても、発症した地域の対象家畜を殺処分するのは仕方がないことです。
それに他県産の牛肉の輸出のことも考えると宮崎の解決無くして前へは進まないからです。

そこは農家の方も理解しないといけないことだと思います。

問題は農水省が県としっかり連携をして、その農家の方々の損害対策と心労のケアを十分にすることと考えます。

鳥インフルエンザにせよ、今回の口蹄疫にせよ何故宮崎がここまで被害が出やすく真っ先に拡大した原因を早急に調べ、今後他県への拡大を防げるようにすることが急務です。







posted by muenzaka at 23:21 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

参議院選後記。



マニフェスト不履行、発言ブレまくりに加えてその子供手当や高速道路無料化の財源の為に消費税論議を出してきた。

これではダメだ。

確かに何れは上げる事はわかっているが、まず政府の無駄を徹底的に無くしてからその上で「社会保障や財政赤字の返済に必要なので消費税をX%にしたい。」と言って一度解散総選挙をして決定すべきであり、その前に今回の選挙のマニフェストにしっかり明記すべきでした。

「早期に結論を得ることをめざして、消費税を含む税制の抜本改革に関する協議を超党派で開始します。」としか書いていない。

それではダメです。

今回の自民党の躍進は、もともと自民支持で先の総選挙でお灸を据える為に民主党に入れた人などが少々戻るなど、民主党の失態の為に戻った議席であり、自民党の支持回復ではない。

躍進は全くブレ無かったみんなの党に行っている。

これで暫くはみんなの党は第3極としての役割を果たしていくかも知れません。

社民党は無責任、共産党はやはり根底的に社会主義的発想があり、公明党はイソップのコウモリ政党。支持も学会だけ、たちあがれ日本は55年体制的、新党改革はたちあがれ〜とあまり変わらない。

もはやこれに上げた政党は第3極になれない。

私が住む神奈川県3人区で1位・自民)小泉昭夫氏、2位・みんな)中西健治氏、3位・民主)金子洋一氏が当選しました。大事件は現職法務大臣の千葉景子氏の落選。

私は正直言ってホッとしている。

彼女は60年代のウーマン・リブを勘違いしてとらえた福島社民党代表と共にとんでもない弁護士議員である。
詳しくはココをクリック

党本部も神奈川県連も現職の強みがあるだろうと言う事で3位当選の金子氏の方に力を注いだのですが、私は個人的には彼女の唱える政策に否定している人がいることだと思うし、国益にならないことがわかっていたので積極的になれなかったような気がする。

彼女は次の国会に「夫婦別姓法案」を出すつもりのようだったようで、同じ党の小宮山洋子衆議院議員、や社民党の福島瑞穂党首も同調する予定だったようです。

しかし国家的な議論もないまま、一部の支持者だけが盛り上がって、その急先鋒の一人である自分が法務大臣になったからと言ってまるで職権濫用のような法案を出そうとすれば、煙たくなる人もいるでしょう。

その証拠に応援に来たのは、彼女と一緒に夫婦別姓法案の賛成者の小宮山洋子氏に頼んで来て貰っただけである。

この法案はただ、ワガママな考えの女性を好き勝手にさせるだけで家族そのものを崩壊させる悪法である。
中国や韓国のように習慣が全くないのにこんな法案をいきなり作って施行したら混乱明らか。


そして彼女は死刑反対論者なので死刑の執行命令書に法に基づいて署名もしなかったし、ただ大臣の椅子に座るだけの大臣ならそんなのは税金泥棒なので要らないので落選して正直嬉しい。

神奈川においては満足の行く結果でした。





posted by muenzaka at 16:43 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

期日前投票に行きました。

期日前投票所

11日は何だかんだで、用事があり期日前投票に行ってきました。

悩みました。

意中の政党が今回提携した政党の手前候補を出さず、次に決めていた政党が少し心に引っかかり入れる勇気が今一踏み切れず、大げさですが「ハムレット」の心境でした。

前の参議院選挙のように、今度は逆ねじれになるのは辛い・・・・。しかし・・・。

でも決断をして明日の日本の為に投票しました。









posted by muenzaka at 21:37 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

参議院選挙戦スタート〜今週を振り返って・2〜



24日に2010年平成22年第22回参院選が24日公示されました。

争点は消費税増税が中心になりそうです。

支持率を伸ばした菅内閣も消費税増税を総理の考えとして発表後(マニフェストにはない。)、支持率は少し落ちたようで民主党単独での過半数は微妙になりそうです。

しかし、自民党はもはや耐用年数が終わり残ったのはもう改革など出来ない出て行くにも出て行く勇気もない腰抜けしかいない。

民主党は所詮寄り合い所帯自民党の派閥よりもややこしい。
旧社会党系などの左派的な者もいれば、どちらかというと自民党に近い右側やネオコン的な人もいる。
だから中々話がまとまらず、マニフェストも考え方が違う集団に配慮しなければいけない為に出来もしないマニフェストも書かなければいけない。

公明党は「イソップのコウモリ」その時その時で都合のいい方に動くしかないセコイ政党。

社民党は弱腰、国賊、非現実、だだっ子。もう存在意義はない。

共産党は福祉を言って点数を稼ごうとするしかない無策政党。
いかにも平和、減税など調子のいいことを言っているが、共産党の言うことを全て全うすれば、企業は海外に逃げて国力は下がり財政は破綻し、そして何でも国管理の官僚国家になりかねない。

国民新党とたちあがれ日本は、旧態依然のシステムにしがみつこうとしている。財政出動の考え方や、郵政など過去に帰ろうとしている。
確かに郵政の地方への考え方はいいと思うが、民業圧迫の規制緩和と元官僚に幹部をさせるというのは、何でも国で管理するやり方を踏襲しようとする節がある。

新党改革もたちの悪い寄り合い所帯。政策も取って付けたような物。

一番いいのはみんなの党でしょう。
代表の渡辺善美氏は去年の衆議院より遥か前、2009年1月に2008年12月に衆議院本会議で民主党提出の衆議院解散要求決議案に与党議員としてただ1人賛成。党より戒告処分を受けた後も、政権批判を繰り返して離党の意思を表明して離党。

その後は現在に至るが、行財政改革のあり方等に自民党がもう出来ないという理由での離党で信念を貫いていて、地方分権、社会保障の政策など自民党時代から訴えており信用できる。
しかし永住外国人の地方選挙権付与に反対しているところは少し眉をひそめるが、民主党もマニフェスト通り今後も事業仕分けや行政改革をやるのなら、連立の相手にすべき党である。

とにかく私の投票先としては筆頭であります。

出来る限り党や候補者の演説会などに顔を出し見ていこうと思います。





posted by muenzaka at 22:47 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

国会閉会し、参議院選へ・・。〜今週を振り返って〜



簡単に言います。

これでいいんです。

予定通り選挙を行えばいいと思います。

これは菅内閣の支持率がいいからとか言うのではなく、所信表明に関する予算委員会という意味のない事をしないで早く審判を仰いで国会運営した方がいい。

国民の中には前回の参議院選以降に起こった「ねじれ」のために法案がスムーズに通らなくなり閉塞感があったことが頭にある為に、自民が勝たせると言うことよりも菅総理になって政治とカネの問題が一先ず落ち着いた事と、政策が合わない政党とその都度揉めて事が進まない嫌気もあるので一度は「本格的に民主党に任せる」という気持ちもあると思います。

アンケートでも民主に投票が18%から40%(5/29朝日新聞)にあがっています。

要は民主党人気の低迷は小沢支配への反発が大きな要因だったようです。

先ずは参議院選できっちりケリをつけて、年末までの来年度予算編成を終えて3月に予算を通して再来年(2012年)予算編成前の夏に総選挙をして消費税増税を含めた財政再建の方針を国民の信を問う方がいいと思います。

先ずは政権安定をして対外的にも信用を得る方がいいと思います。







posted by muenzaka at 18:11 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

菅内閣発足後・・・。〜今週を振り返って。〜



いよいよ今週菅内閣がスタートしました。

しかし早速事務所費問題や郵政法案の取り扱いによる亀井金融・郵政改革担当相の辞任と、すったもんだ。

しかし国民新党がそれでも連立離脱せずに残ったことは、国民新党の非力さを露呈した形です。

当然少数政党なだけに連立離脱した後に存在感が示せないのと、先日全国郵便局長会に出席し郵政法案の成立を約束した以上、連立離脱による郵政票を失う事への不安がある以上離脱できずに、民主党のコバンザメになるしかなくなってしまった。

しかし当面はこの内閣参議院選挙が終わってみないと具体的な仕事が出来ない内閣も事実。

子供手当や消費税問題など去年の衆議院選挙のマニフェスト通りに履行できない項目がどんどん増えてくる。

これは難しい。

本当なら衆議院議員も解散してW選挙にした方がスッキリしていいのですが、口蹄疫問題など早急に片付けなければいけない問題もあり政治の停滞は許されない状況にあり今年一杯の解散はあり得ない。

もし解散するのなら来年4月に統一地方選挙があるのでそこで同日選挙に持って行くのが各自治体も予算を多大に使わなくても済む。

とにかく参議院選挙がネックになるのは言うまでもない。

民主党が過半数獲得する為に50名以上の当選があれば、場合によっては民主党の政権は長くなる可能性があるし、前回参議院選挙の自民大敗のようにねじれになれば菅内閣退陣で場合によっては「ガラガラポン」かもしれない。

菅首相が提唱する、「20年近く続く閉塞(へいそく)状況を打ち破り、元気な日本を復活させ、2020年度までの年平均で実質2%を上回る経済成長を目指す」という所信表明が実行できるか否かは7月25日次第。

選挙管理が当面大事かな?







posted by muenzaka at 23:15 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

菅 直人 新首相 〜今週を振り返って〜



先日6月4日(金)に鳩山由紀夫元首相の辞任を受けて、菅直人財務相が樽床伸二衆議院議員との一騎打ちで勝利し、代表に選出されて同日の首班指名で第94代内閣総理大臣に指名されました。

非世襲の「庶民」首相の誕生というわけですが、いざ首相となると上手く行くかどうか・・・。

先ず小沢一郎氏の影響を排除する為に官房長官に仙谷由人前国家戦略担当相の横滑り、財務相に野田佳彦前副財務相の昇格、選挙の顔となる党幹事長に枝野幸男前行政刷新担当相が内定したようです。

周辺全て非(反)小沢一郎氏を置くことにより、「脱小沢」路線を鮮明にするようです。

仕分け人で知名度を上げた蓮舫(本名:村田 蓮舫)参議院議員(今年改選)が福島社民党代表の後の消費者・少子化担当相が内定している。

選挙対策の内閣と揶揄されても仕方ないが、実務型にシフトしようとしている気もします。

8日の組閣が正式に発表されるまではあまりコメントを差し控えたいと思いますが、11閣僚を留任させるようですが外務・防衛・国交・厚労以外は全て変えてもいいような気がします。

これでは選挙管理内閣と揶揄されても仕方がないような気がしますが、菅氏らしい人事をもっとやってもいいような気がします。
(因みに赤松農林相は口蹄疫の対応の失敗で辞退するそうです。)

これは飽くまでも個人的な意見ですが千葉景子法相は福島社民党代表と同じ非国民・国賊の上法相としても大して仕事をしていないのですげ替えるべきと思います。






posted by muenzaka at 23:42 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

遅すぎる辞任。



詳しい思いは週末に改めて書こうと思いますが、福島社民党代表を罷免する前に内閣総辞職をすべきと思いました。

とにかく小沢氏と共に退任をすることはいいとおもいます。

4日の金曜日に新代表、首相選出・組閣と急ピッチなので意見は週末に書こうと思いますが、もうぐだぐだとしか言いようがない状態。

先ずは菅直人副首相・財務大臣が立候補を表明していますが、対抗馬を立てるかどうかは可能性が低いようです。

先ずは選挙なども控えており、菅、岡田、前原の代表経験者が一先ず立つ事がいいと思います。

しかし個人的には岡田代表が選挙の顔としてはいいと思います。
posted by muenzaka at 00:02 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

遅すぎた首切り。



今頃遅いです。

さんざん政権をかき回し、さんざん散々民主党のマニフェストの邪魔をしてきた社民党と福島瑞穂。

福島瑞穂党首は民主党千葉景子法相と共に内閣国賊閣僚だ。
二人とも今夏参議院選で改選を迎える。

福島社民党は何かにつけて反対社会党のまま。

ただこだわったのは、夫婦別姓のみ。

党の政策もこれと言って目立った物は無いし。
共産党と大して変わりない。

むしろ共産党と名乗り、一貫した政策を言う共産党の方が信用できます。

元々左側なのに「共産党」と名乗るのが嫌な人間が作った社会党の流れ。

今度の参議院選で政権与党になっても何でも反対ゴネたい政党に鉄槌を食わせましょう。



a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1NPXWL+45FTMA+238C+60H7L" target="_blank" onmouseover="window.status='http://webss.jp/emobile/';return true;" onmouseout="window.status='';return true;">



posted by muenzaka at 20:58 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

守れない約束。



始めからわかっていたが、もう内閣総辞職は覚悟しなければいけないでしょう。

予てかこのブログでも言ってきましたが、昨年11月に橋下大阪府知事も話し合う用意がある旨に何故乗らなかったのか?

もう日本は世界からも信用されない、確かに沖縄が一番極東軍事拠点としてはいい場所だが集中しすぎはいけない。

安全保障というのなら自衛隊基地を提供も含めて本州にも負担はすべきです。

やはり関空、神戸空港への移設が一番適切な様な気がします。

海上にあり、騒音も軽減でき沖縄以上に人の目もあり街中で、沖縄以上に人目もあるので米軍による犯罪も少ないはず。

何故、鳩山首相、岡田外相、北澤防衛相は話しだけでもしなかったのか。・・・不思議です。







posted by muenzaka at 18:33 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

客寄せパンダ候補。〜今週を振り返って〜



ネットの事情でゴタゴタがあり、2週間更新が出来ませんでした。

参議院になると必ずと言っていい程、著名人・有名人が各党候補者に名を連ねます。

参議院の比例代表選挙のシステムの「非拘束名簿式(立候補者名簿に順位を記載せず、立候補者の得票数によって名簿順位を決定する。)」

とにかく得票数を稼ぎたいと言う理由から有名人を候補者にするのですが、ニュースで見たアンケート結果で多くの有権者が「期待していない」と言うこと、私もその一人。

これでは有権者の関心が薄くなろうとしている前触れなのか、しかし投票に行かないのはいけない。

これではもっと悪い政治状況になっても、文句を言う資格はない。

是非個人の良識で選挙に臨んで貰いたいきもちです。

因みに自民党は三原じゅん子(女優)、堀内恒夫(元読売ジャイアンツ選手)民主党は他に岡部まり、たちあがれ日本は中畑清氏。

最後にハッキリ言う、谷亮子さん現役を続けたいのなら候補を辞めるべき。

政治とアスリートを両立するのは出来るわけがない、どちらも中途半端になるか、ただの名義貸しだけの状態になって非難を浴びるかのどちらかです。







posted by muenzaka at 23:22 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

小沢一郎「起訴相当」〜先週を振り返って〜



もうこれは簡単です。

今まで秘書や側近などのせいにして、逃げドクだった政治家に「説明責任を果たさないのなら絶対クロで、トカゲの尻尾切りは絶対に許さない。」という国民の声でしょう。

裁判員と同様、国民の有権者の中から無作為に選ばれる中立の組織なので、ダイレクトに国民の声が反映される可能性もあり、ニュースなどを見てもクロの筈の小沢氏に再捜査をして立件に向けるよう議決されたことは大きい。

しかし鳩山首相(民主党代表)は、続投を支持した以上参議院選での悪影響は必死である。

鳩山内閣も支持率も20%台であり末期状態である。

ここらで執行部だけでも刷新しないと・・・・。






posted by muenzaka at 20:47 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

舛添新党。〜先週を振り返って。〜



ハッキリ言えば、出て行くしか無くなった人が苦し紛れに出て行って行動しにくくなって困った人と、人気のある人を取り込み所属議員を増やして政党交付金を貰い、次期参議院選の存在感を増やしたい弱小政党が思惑一致という感じです。

単なる数合わせがバレバレ。

それでも改革クラブからの議員の当選は非常に薄い。

やはり、与党時代の自民党を離党し活動している渡辺善美衆議院議員の「みんなの党」の方が方向性もわかりやすく、支持が伸びる理由もわかります。

野党転落して逃げ出すネズミに明日は無いでしょう。







posted by muenzaka at 16:45 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(1) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

沖縄にこだわる米軍。〜今週を振り返って。〜



アメリカが新たな提示をしてきたが、もう諦めればという感じです。(そうも行かないのはわかっていますが)

政府は政府で徳之島や、本土九州など色々話しがあがっていますが何処も反対に決まっています。

アメリカも沖縄にこだわらず、日本政府が用意する場所で手を打つくらいの譲歩をしなければもう日本国民もアメリカのワガママを聞けない。

その証拠が今の鳩山内閣の支持率にも出ています。
首相がブレ無ければいけない状況の一つが米軍問題でもある。

国民自体も「安保」をどうすべきか真面目に考える時期に来ている。

安保破棄で行くなら、自衛隊の強化と徴兵を受け入れなければいけないし。

中ロ北朝鮮の持つ核脅威に対して米軍に守って貰いたいのならそれ相応の負担と我慢はしなければいけない。

もう、あまり猶予はないでしょう。






posted by muenzaka at 23:36 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

新党。(年寄りをバカにするなと言ってもねぇ)〜今週を振り返って。〜



ただ一言。

こんな日本に誰がした・・・。

そんな方々が集まってこれから何をするのか・・・。

石原氏が「年寄りだとバカにするかもしれないが、・・・我々と同じようにこの国を憂える人間がどれだけいるんだ。」と言ってもねぇ。

今の東京都は疲弊しているのに・・・。

誰がやったか・・・。

そんな事言うならもっと早くやって下さいよ・・・。






posted by muenzaka at 23:23 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

先週を振り返って〜自民党のすったもんだ〜



自民党に不利な時期は決まって政治改革を挙げ離党する輩がいる。

しかし、今回はいつもと勝手が違い自民党の大御所議員の与謝野馨氏。

ここ最近彼の周りは騒がしかったが、満を持して・・・の離党。

郵政解散で追われた平沼赳夫元経産相との新党を今週中にも結党するようですが、与謝野氏は郵政民営化を支持している人、平沼氏は反対して離党した人。

本当に上手くやっていけるのでしょうか?

それに新党参加予定メンバーは自民党でも古参議員。

同調する園田氏は過去宮沢内閣の時に共に自民党を一度離党し、藤井氏は小泉郵政解散の時に離党している。

そんなに出入り激しく、もう高齢の議員を国民は支持するでしょうか?

いくらこの新党から若手の候補者を2人区・3人区で擁立しても支持は得られないでしょう。

渡辺善美氏の様に信念での離党とは見られないのは確実。

下馬評では渡辺氏のみんなの党が支持を伸ばしている。

夏の参議院選後の「ガラガラポン」があるのでしょうか?








posted by muenzaka at 20:35 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。